FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27、天道のルーツ

 天道の歴史は古く、人に道が降されたのは、今から約五千年前にさかのぼります。修行者がいかに道を求めても、一人から一人にしか伝えることが許されなかった単伝の時代から、広く庶民に開かれた普伝の時代にいたりました。

~命がけで継承された道~
天道は、天地が生まれ、世界が成り立つ前からずっとあり続け、この世に降ろされて以来、一人から一人へ、たった一つの天命は、徳の高い帝王や聖人の方々の間でひそかに受け継がれてきました。この流れのことを『道統』と言います。道統の祖師たちはそれぞれ、すべてを捨てて道を求め、得てもなお「決して断絶してはならない」と命がけで道を護り、継承者の選抜に大変な苦労をして来られました。そしてたった一人の継承者以外の何千何万にのぼる弟子たちには、極楽浄土への救いの道を伝えることは出来ず、来世の縁を結ぶために教えのみを残しました。

~根源の道と、枝葉の教え~
 教えはやがて経典として残され、宗教宗派を生むこととなりました。人は死の苦しみや生の苦しみから逃れようと、その教えを求め続けてきました。しかし、教えとは道を得た聖人の方々がその時代、その土地、その人々にもっとも伝わりやすいように様々な形で示したもので、救いの道そのものではないことを誰も知りません。唯一の救いの道は、老子、孔子、釈迦や達摩(だるま)などの道統祖師の徳によって護られ、約五千年を経て今、いよいよ広く庶民が救いを得られる普伝の時代へと突入したのです。

~天命日本へ~
 やがて天命は、中国から台湾を経て日本に渡り、さまざまな辛苦を乗り越えて、天命の中心が日本に移されました。人だけでなく、いかなる霊も救いつくせる体制が確立し、まさに真の世界平和、地上の楽園が顕現されようとしています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。